ウーバーイーツ配達員が配達をキャンセルする理由

ウーバーイーツの配達員として働いていた頃に、何度か配達のキャンセルをしたことがあります。

“ウーバーイーツ”と検索をかけると“ウーバーイーツ キャンセルされた”というワードがでて来たりします。

こうしたワードからはなぜキャンセルされたのかが知りたいとも受け取ることができたので

今回は配達員側の視点からなぜキャンセル”した”のかを説明したいと思います。

この記事を読めばなぜあなたが配達をキャンセルされてしまったのかがわかるとともに、

キャンセルされないための対策がわかると思います!

注文キャンセル理由2つ

私が今までにオーダーをキャンセルした理由は主に以下の2つです。

ウーバーイーツの配達員は常にお金と時間と闘っているのです。

登録(配達先)住所が間違っていた

注文を受け、お店で商品を受け取ってからはじめてお客さんからのメッセージ等を受信することができます。

商品を受け取った直後に

「ごめん、登録住所が間違っていたんだ。だから〇〇ロード〇〇マンション××まで届けてくれない?」

なんてメッセージが結構ありました。答えは

NO

です。

配達員がキャンセルしたい理由〜お給料システムの関係〜

ウーバーイーツの配達員は時給制ではなく歩合制で働いています。

そこで関係してくるのがお給料のシステムの1つです。

配達員は配達距離に応じてお給料が変わります

配達距離が長ければ長いほど基本給にプラスにして稼ぐことができます。

これは実際に配達員が走行した距離ではなく、マップ上での目的地(登録住所)までの最短距離で測られています

つまり、登録住所より遠い住所にくるように頼まれるのは嫌なのです!

配達員にとって、登録住所より遠いところに行くのは無給のボランティアのようなものなのです。

自宅に行っても誰もいない・連絡がつかない

お店から受け取った商品をやっとのことお客さんの家まで行っても、誰もいないことがありました。

インターホンを押しても誰もでてこない、お客さんにメッセージを送ったり電話をかけても応答がない…。

電話番号が間違っており、全く関係ない人に電話をかけてしまったこともあります。

配達員がキャンセルしたい理由〜時間を無駄にしたくない〜

本来ならばお客さんの家に到着したらすぐに商品を渡してすぐに次のオーダーを受けることができます。

お客さんの家に行っても誰もいない場合、配達員はとりあえずお客さんに連絡を取ります。

このような時間は、配達員にとっては無駄な時間でしかないのです。

配達員は歩合制で働いているので、ものすごく時間を気にします。

商品を受け取る人がいない・連絡すらとれないとわかるとすぐに配達をキャンセルし次のオーダーを受ける体制になります。

配達員はキャンセルしても特別損をしない

配達員はなぜキャンセルをするのか?

それはキャンセルをしても特別損をすることがないからです。

また、今回の事例ではキャンセルの原因はお客さん側であるため配達員がキャンセルをしても悪評がつく可能性が低いからです。

お店で受け取った商品はもらうことができる

お店で商品を受け取った後に配達員が配達のキャンセルをした場合、その商品は配達員のものになります。

私の場合これらの商品がそのままわたしのお昼ご飯や夜ご飯になりました。

配達しなくてもお給料がもらえる

配達員が商品を受け取った後に配達をキャンセルした場合商品配達完了までのお給料が振り込まれるのです。

 

以上2点よりわかると思いますが、商品を受け取った後に配達をキャンセルするとお給料も貰えて商品も貰えるということになります。

配達員はこれらを悪用しないようにしましょう。お客さんからの評価やアプリのウーバーイーツのシステムで悪用はバレます。

無事に商品を届けてもらうための対策

ウーバーイーツで注文をキャンセルされる理由はだいたい注文者側のミスが原因です。

また、配達員は注文を途中キャンセルしても特別損をしないのでキャンセルするのを躊躇しません。

なぜ注文がキャンセルされてしまうのかわかった皆さんは、是非とも注文前に以下の点を確認してください!

  • 現住所と商品お届け先住所が同じであるか
  • 連絡先住所は正しいか
  • 商品受け取り時に配達先住所にいることができるか

以上です!

明らかに注文者側に否がない場合は、アプリ内に配達員の評価をつける場所があるので理由付きで評価をつけましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください