シドニーでウーバーイーツ!登録の仕方〜バッグ受け取りまで〜

2019年の3月頃、シドニーでウーバーイーツの配達員をしていました。

ネット上ではいくつかウーバーイーツパートナー(配達員)になるための登録方法が書かれていますが、

わたし自身登録につまずいてしまったことと、書かれてはいない工程がありましたので、

それらを補いつつウーバーイーツパートナーとなるための登録方法を書いていきたいと思います。

登録をしている間にも、配達に必要となるものも準備していきましょう!

準備 Uber EATS シドニーでUberEATS!準備するものまとめ

UberEats公式より登録をする

Uber公式より登録します。

特に難しいこともないので割愛します。

参考 registrationUber
注意
登録住所は今現在住んでいる場所の住所ではなくUberEatsの配達をする都市で登録しましょう。

わたしは登録そのものをクイーンズランド州にいるときにしたので、クイーンズランドの登録にしてました。

そして、シドニー(ニューサウスウェールズ)にきてから登録を進めると行き詰まり、サポートに連絡する羽目に。

同じ国でも州によって登録が分けられている模様です。

登録の際必要となるもの

  • パスポート
  • 運転免許証
  • 無犯罪証明
  • プロフィール画像
  • VEVO

登録の際に必要となるものは以上のものです。

これらをUberの登録ページにアップロードしていきます。

この中で、混乱しそうなものについて説明していこうと思います。

運転免許証について

基本的には

  • オーストラリアの免許証
  • Naati翻訳の運転免許証

の中のどちらか1つを使います。

日本の免許証でもいけた!という方もいらっしゃったようですが、

基本的に海外において日本のものはそのまま使えないと思っていたほうがいいです。

わたしはNaati翻訳を持っていたのでそれを使いました。

naati  翻訳 オーストラリアのNAATI翻訳会社に運転免許証の翻訳を頼んでみた

日本の免許証日本に置いてきたよ!どうしよう….

と思っている人!なんとかなるかもですよ!

Naati翻訳なら全てネット上のデータでやり取りするので、日本の免許証のデータさえ手に入れば解決できます!

1.  まずは日本の免許証のPDFを手にれる

Naati翻訳は日本の免許証のPDFを送ることで作成できます。

たまたまパソコンやケータイのフォルダに日本の免許証のPDFがある人はそれつかえます!

また、日本でご家族の協力を得られれば、PDFにしてメールか何かで送ってもらいましょう!

2. Naati翻訳を申し込む

わたしはLexigoという会社にお願いしました。

車を運転する際に取得したので、PDFデータだけではなく原本も申し込みました。

UberEatsにおいてはPDFだけでいいのですが、原本も取っておくと車の運転にも使えるのでそちらも考えてみてください。

参考 TOPLexigo

詳しくは以下の記事で説明しています。

naati  翻訳 オーストラリアのNAATI翻訳会社に運転免許証の翻訳を頼んでみた

3. Naati翻訳のデータをUberに送る

Naati翻訳を手に入れたらUberにアップロードするだけです!

簡単∩^ω^∩

無犯罪証明について

英語で言うとCriminal Background Checkってやつです。

background checkもわかりにくかったですね。

どこにアクセスするのかわかりませんでしたもん。

参考 Lodge a Background CheckUber

上のURLのCONSENT FORMより進めて行ってください。

VEVO

uber vevo

VEVOって何?と思うかもしれませんが、VISAのことです。

そう、ワーホリ来る前にワーホリVISA取りましたよね?あれです。

Uberのオフィスに行く

そして、全ての提出書類(パスポート、運転免許証、無犯罪証明、プロフィール画像、VEVO)をクリアしたのですが…..。

何も起こらない!!!!

次に何をすればいいのか謎すぎでした。

ということで、直接Uberのオフィスに行ってみることにしました。

ちなみにofficeにきたら全て解決しました。

Uberオフィスの場所

シドニーセントラルから西側にありますので、電車でいきましょう!

*日曜日はお休みです

また、以下のリンクにはオフィスの場所の他に、電話サポートやオンラインサポートについても書かれていますので、わからないことなどがあったら問い合わせてみてもいいと思います!
参考 Contact Uber New South WalesUber

オフィスに着いたら

オフィスでやったことはたったの二つでした。

  • Bike Safetyに解答
  • バッグの受け取り

それにしてもわたしもUberEats登録の際他の方のブログを参考にしてきたのですが

Bike Safetyのことには触れられていませんでした。

最近できたものなのですかね?

受付をする

オフィスに入ってすぐのところに受付があるので、そこで何をしにきたのか伝えましょう。

わたしの場合

受付でこんな会話をしました。

わたし:提出書類を全部提出したあと何をすればいいのかわからないんですけど……

受付:Bike Safetyはおわらせた??メールで届いてると思うんだけど

わたし:え、そんなのメールで届いてないよ!

受付:じゃあ、いまやっていこう。そしたら今日バッグもらって帰れるしすぐ仕事始められるよ!いま順番待ちだから待っている間にhttps://~~にアクセスして終わらせておいてね。

そして、自分の順番が来るとSMSで案内が来ます。

そして、対応窓口に連れて行かれます。

Bike Safetyに解答する

Bike Safetyに解答していきます。

Bike Safetyの内容はシドニーにおける自転車の交通ルールです。

参考 topBike Safety NSW

で、待っている間に受付で教えてもらったURLにアクセスするのに時間がかかりまして(というか待ち時間1分)、

Bike Safetyを終わらせることができませんでした。

なので、対応窓口で「いまここでその問題解いて!」と言われ、その場で問題を解くことに∩^ω^∩

そして、「解き終わったらsubmit(送信)ボタン押さないで先に見せてな」と言われました。

案の定1問間違いがあったのでその場で直して提出しました。

バッグの受け取りについて

Bike Safetyを終えたあと、バッグを頂きました。このバッグは$30だっけ?のデポジットがとられるとのこと。

そのデポジットは働き始めたら稼ぎの中から自動的に差し引かれるとのことでした(その場で支払う必要はない)。

仕事スタート

オフィスに行った次の日にSMSがきて、仕事が始められることになりました。

(仕事は2~3日後にスタートできると言われていましたが)

おわりに

無事、Uber Eatsパートナーの登録を終えることができました。

ここまできて言えることは、わからなかったらすぐにUberに連絡を取ること。

それができなければUberのオフィスに直接行くこと。

Uberはすぐに対応してくれます。

ただ、オフィスは少し遠いのでできるだけ自力で解決しましょう!