【タスマニア】リトルデビルバックパッカーズでキャンプをしよう!最低限準備するものまとめ

リトルデビルバックパッカーズ キャンプ テント

チェリーシーズンに近づくと、たくさんの人がリトルデビルバックパッカーズに集まってきます。

リトルデビルバックパッカーズには4人部屋、16人部屋、キャンプサイトの3種類の泊まり方ができます。

この中でも最も安いのがキャンプサイトの110ドル/週です(キャンプサイトなのに高い!!!!)。

チェリーシーズンのタスマニアは夏ですが、とても寒いです。

今回は安く・寒くなく生活できるよう買うべきものを紹介していこうと思います。

 

ちなみにわたしはフィリピンでもテント生活をしていたことがあるのですが、

タスマニアのテント生活の方が大変でした。

どこでキャンプ用品を買えばいい?

基本的にはK martで購入し、こだわりたいものはAnacondaで買うといいと思います。

K martではなんでも安く手に入ります!

Anacondaは安めのアウトドアショップで、半額のときを狙うと安く商品を購入できます。

もちろんK martよりも品質は高いです。

ちなみにどちらの店もリトルデビルバックパッカーズ周辺にはないのリトルデビルバックパッカーズにくる前にホバートで購入してくる必要があります

また、事前にオンラインで注文してリトルデビルバックパッカーズに送るのもありかもしれません(事前に宿に確認をとってから送りましょう)。

参考 CampingK mart 参考 TOPAnaconda

ちなみにリトルデビルバックパッカーズにもテントと寝袋は販売しています(テントは$60)。

キャンプには何が必要??

以下のものを揃えれば割と快適に過ごせます。

  • テント
  • ブルーシート
  • 寝袋
  • マット
  • 電球
  • 湯たんぽ

テント $12 (K mart)

キャンプ テント

これが最も安いテントだと思います。2人用ですが荷物を置くスペースも考えると1人用です。

大きさは私には十分でした。

安いので捨てる時もあまり考えなくてもよかったです。

 

今後もテントを使い続ける、持ち運び続けるというならば高くて良いテントを買ってもいいかもしれません。

MEMO
リトルデビルバックパッカーズではテントの大きさに制限を設けています。8割9割の人がその制限以上のものを使っていますが突然その大きさはだめだ!!といい始めるかもしれないのでその辺は自己責任でお願いします。

Maximum tent sizes for campers
One person: 2.1 x 2.0m
Two persons: 2.1 x 2.8m

 

このテントは防水性ではないので雨対策を考えなくてはなりません。

雨対策のために以下に紹介するブルーシートを使いました。

 

ブルーシート $10(K mart)

ブルーシートは以下のツイッター画像のように使います。

ブルーシートを買う時はサイズに気をつけましょう。

12ドルテントには最低2.4m×3.0mは必要です(小さいくらい)。

このサイズ以上のものを買いましょう!

大きいものを買うともちろん値段も上がります。

 

(ブルーシートを固定するために紐も買いました。)

しっかりブルーシートを固定しないと風が吹いた時にすごくうるさいです。

 

MEMO
テントとブルーシートを合わせると22ドルになります。それならちょっとお金を足して防水のテントを買った方がいいという意見の人もいました(安くて60ドルくらい)。快適に過ごしたければお金はかかります。

寝袋 $25(Anaconda)

キャンプ 寝袋

寝袋選びは寒さをしのぐのにとても重要です。

テントは安いの使うけど、寝袋だけは少し良さげなものを買おうと思っていました。

そこでわたしはAnacondaで元値$50のものを50%OFFの$25で購入しました。

Anacondaの会員になっていると安く購入できるので会員になっておいた方がいいです(無料)。

会員になってから最初の買い物は20%OFFになり、お得に買い物ができました。

 

中にはK martで寝袋を2枚にブランケットなど複数買って重ね合わせている人もいますが、

逆に高くつくし、ものが多くなる分テントの中が片付きにくくなるのであまりこの方法での寒さ対策はお勧めしません。

 

ちょっといい寝袋を1つ安く買うのがいいと思います。

マット $8(K mart) ×2

キャンプ ヨガマット

マットレスの代わりにヨガマットを買いました。

エアマットも売っているのですがすぐ壊れると聞いていたのとテントの中で邪魔になりそうだなと思ったので

代わりとなるものを探した結果がヨガマットです。

安いし、ストレッチなどのときにも使えるのでなかなか便利です。

ちなみに最初はヨガマットを1枚しか使っていませんでした。

のちにもう1枚買い足して2重にして使ったところ、寝やすくなりました。

MEMO
寒さ対策として、ヨガマットの下にダンボールを敷くといいです。ダンボールはWoolworthsとWoolworthsの近くのMitre 10で無料で貰えます。Mitre10の方が大きいダンボールがあるようです。

電球 $2(K mart)

キャンプ ライト

K martでたったの2ドルで買える電池式の電球です。

テントの天井に引っ掛けられるので便利です。

最初からテスト電池が入っているのですが1日持たないので電池も合わせて買いましょう。

電池はShiploadsというところ(リトルデビルバックパッカーズの周辺)で買うと安いです。

ケータイでもライトはつけられますが、ワンタッチで明かりがつくのは電球ならではです。

湯たんぽ $5(K mart)

湯たんぽはとても大事です!

たったの5ドルなので絶対買ったほうがいいです。

1月はそんなに冷えませんでしたが、12月まではとても寒いです。

湯たんぽを寝袋の中に忍ばせればかなりあたたかくなります。

それでも寒い時は自分の手持ちの服を重ね着していました。

夕方も寒い時は共有エリアで湯たんぽを抱えて座っていました。

おわりに

今回紹介したテント用品にかかったお金は$70でした。

今回紹介したものを最低限買っておけば普通に生活していけます。

一度リトルデビルバックパッカーズに来てしまってからあれも買えばよかった!と思っても遅いので、今回紹介したものは最低限買っておきましょう。

寒さ対策は忘れないように!タスマニアは夏でも寒いです!