ワーホリ行くなら小さめのカメラを持って行くべき!これからカメラを買おうとしている人へ!

ワーホリ行こうかと考えている皆さん。

どのタイプのカメラを持って行くか迷っていませんか??

せっかくワーホリに行くなら写真もある程度残したいですよね。

 

私がワーホリに行って、これを持っていけばよかった!と思うものの一つが小さめのカメラです。

わたしはワーホリに行くにあたって、長らく使っていた一眼レフカメラを持って行きましたが、正直なところ不便でした。

そしていつも思っていたのが小さいカメラも持って来ればよかった!!!!ということ。

せっかくワーホリに行くならたくさんよい写真を撮りたいですよね?

それならば、クオリティーの高い小さめのカメラを買って持って行くべきだと思います。

ワーホリに一眼レフカメラはあまり向いていない理由

「ワーホリに一眼レフカメラは向いていない」というと語弊があるかな、とは思います。

せっかくワーホリに行くんだったら一眼レフでも買おうかな、と今から購入を考えている人はちょっと待って!っといったところです。そしてもし買うなら小さめのカメラを買うべきです。

もともとカメラが好きで一眼レフを持っている人は是非ともそれをオーストラリアに持って行くべきだと思います。そしてさらに小さいカメラも持って行くべきだと思っています。

宿に置きっ放しは危険

やはり盗難のおそれは大きいです。

また、テント暮らしとかはちょっと厳しいです。

盗難の恐れもそうですが、日中カメラをテントの中に入れておくと多分壊れます。

テント内はものすごい高温になるからです。

でかい・重い

持ち運びが大変です。

宿に置きっ放しにするのは危険だけど、だからといってずっと携帯し続けるのは大変です。

仕事場に持っていけない

ファームで働いていた時、写真を撮りたい!と思っても、さすがに一眼レフのようなでかいカメラを持って行くわけにもいきませんし、

こんなときに小さくて持ち運びが楽・如何にも感がないカメラがあればなぁと思っていました。

ファームでの写真ってすごくいいんですよ!

また、携帯できるカメラでないと、仕事場であっても盗難にあいます。

如何にも感が強い

友達と遊びに行く時に巨大な一眼レフカメラを持って歩くのは邪魔だし、

せっかく一緒に遊んでるのにカメラカメラしてるとちょっと引きますよね?

一眼レフでの撮影はここぞという時に使うものだと思っていて、日常使いには向いていないと思います。

ケータイのカメラじゃダメなの?

ダメですね

ケータイのカメラって、すごく便利ですよね。

一見綺麗に撮れるし、いつも持ち歩いているから手軽だし。

ただ、この一見綺麗に撮れるというところが落とし穴なんですよね。

 

スマホのカメラはスマホ上では美しい写真を映しだしてくれますが、

少し引き伸ばして大きな写真にしようとすると一気に荒い画質になってしまいます

 

あとはファームなんかに持って行くのはお勧めしません。

なんだかんだスマホは壊れやすいからです。

私のスマホは画面がバキバキに割れてしまったし、友人のスマホは雨で水没してしまいました。

小さめカメラがお勧めの理由

一眼レフカメラをお勧めしない理由の逆が小さいカメラがお勧めの理由になります。

  • 持ち運びが楽(小さい・軽い)
  • 仕事場にも持っていける
  • 如何にも感がない
  • 一眼レフカメラより安い

いつでもどこでも持って歩けるというのが最大のメリットだと思います。

一眼レフを日常的に持ち歩くことは不可能で、せっかくの写真チャンスに良い写真が撮れないのはとても勿体無いです。

小さなカメラをポケットに忍び込ませておけば写真を撮りたい時にさっと取り出して写真を取ることができます。

このカメラが欲しい!

カメラを選ぶ際に重視したい項目は以下の通りです。

  • 小さくて持ち運びしやすい
  • 画質がいい
  • 耐久性に優れる

私がいいなと思う・次にワーホリに行く時に買いたいカメラは2つあります。

どっちがいいか私自身も迷っています。

GOPRO

動画と写真両方ともいける上に、アクションカメラなので耐久性があります

基本的には動画に優れているカメラだと思うので、アクティビティが好きな人にはお勧め

すごく小さくて、軽いのでその点も◎。

デメリットは超広角で色味が強く癖がある点と、画質はそんなに良くない点です。

(GOPROはオーストラリアでも購入できます。)

RICOH GR3

高級コンデジです。

初級一眼レフと同等の画質が期待できます。

それなのに小さくて、重さはなんとたったの257g(バッテリー、SDカードの重さ含む)!

動画に興味がない人は間違いなくGR3を選ぶべきです。

デメリットはズームがないところです。

私自身ズーム無しの単焦点レンズを使ってきましたので、ズームできないのはそんなにおおきなデメリットだとは思いません(なんていったって画質がすごい)

*RICHO GR3はオーストラリアでは入手できません。

最新版のGR3は10万円ほどするので、

高いと思うならばひとつ前のモデルGR2(5~6万円)がおすすめです。

まとめ

  • ワーホリのためにこれからカメラを買おうとしている人は小さめのカメラがお勧め
  • カメラ好きで一眼レフを持っている人はそれを持って行くべき!
  • 一眼レフを持っている人は一眼レフにプラスして小さいカメラも持って行くべき
  • 小さめカメラでお勧めなのはGOPRORICHO GR3

せっかくワーホリに行くならたくさんの思い出を写真に残しましょう!!