フィリピン”シリマン大学”への留学についてどこよりも詳しくまとめました!

【普段使いにおすすめ】旅行用の財布は無印良品のポリエステルトラベル用ウォレットできまり!

最強の財布を見つけてしまったのでみなさんに紹介したいと思います!

旅行用には完璧だし、普段使いにもよいです!

私は普段使いしています。

MEMO

*この記事は、特に海外に行くことを踏まえたバックパッカー向けの内容としていましたが、

近年の生活スタイルに合ったお財布なので、普段使いを考えている人向け+バックパッカーさん向けの記事とて書き直しました。

いつの間にかアマゾンでも商品の取り扱いが始まっていて嬉しい限りですね!

アマゾンでの評判も良さげ(`・∀・´)naisu

カラーを確認する


それではポリエステルトラベル用ウォレットについて紹介していきます!

無印良品のポリエステルトラベル用ウォレットについて

以下の基本情報を見てください!小さく、軽く、安い!!!

これだけでも正義!

ポリエステル素材だからこそこのコンパクトさと軽さを実現できたのでしょうね。

基本情報(2021年8月22日現在)

サイズ 外寸: 約11 × 9.5cm
重さ 40g (え、めちゃめちゃ軽いやん!!笑)
値段(公式) 990円(税込)
収納 ・小銭入れ(メッシュ、チャック式)

・カード入れ×4

・お札入れ×2

カラー ・黒

・ブルー

・ライトグレー

(年度によってカラーの変更あり)

カラーを確認する

小銭入れ

無印良品 トラベルウォレット 小銭入れ

マチ付きの小銭入れがついています。

小銭も取り出しやすいです。

 

小銭を使う時って会計時に結構もたつきますよね。

小銭入れはメッシュなので、どの種類の小銭がどれくらい入っているかわかりやすいです。

 

また、慣れない海外の小銭をメッシュの小銭入れ越しに直接見ることができるので便利です。

 

カード入れ

無印良品 トラベルウォレット

カード入れは4つ。

わたしの場合、以下のカードを入れています。

普段使い

  • Visa LINE Payクレジットカード
  • ゆうちょ銀行キャッシュカード
  • 保険証

これだけ!

スマホ決済があるので必要最低限のクレジットカードと、

いざというときに現金を引き出すためのキャッシュカードを入れています。

近年はポイントカードもスマホで扱うことが多くなったのでポイントカードも持ち歩いていません。

もはやたくさんのカード入れは不要になったと言えるでしょう(`・∀・´)

海外に行く時

  • 新生銀行のカード
  • GAICA
  • リクルートカード

実際のところ、旅行時に必要なカードは以下のようなもののみです。

  • 銀行のカード
  • 海外用プリペードカード(デビッドカードなど)
  • クレジットカード

日本にいるときのようにポイントカードとかたくさん入れることもなく、

海外で持ち歩くカードって限られていますよね。

だからたくさんのカード入れは必要ありません。

お札入れ

仕切り付きのお札入れがついています。

1方にはお金、もう1方にはレシートなど自分で使いやすいように使えると思います。

ストラップをつける部分

いろんな使い方ができると思います。

例えばチェーン等で、カバンと財布を結びつけておけば盗難・紛失予防になります。

ネックストラップをつければ首から下げておくこともできます。

わたしはこのストラップに自宅の鍵をつけています。

お財布と一緒にくっついていると鍵を無くしにくいのでおすすめです。

1つだけ残念なところ!(無視できるレベル)

ゴムバンドで財布を閉じるところがかなり微妙です。

ゴムバンドの見た目も微妙ですし、ゴムバンドを付けたり外したりが結構面倒

ゴムバンドの代わりにボタンとか磁石がついてたらよかったなぁ。

ということで、わたしは普段ゴムバンドは使っていません。

スマホ決済と併用して無印良品のトラベルウォレットを持ち歩くのがいい!

近年、スマートフォンの普及によりスマホ決済も当たり前になりました。

スマホ決済が主な支払い方法で一応お財布も持ち歩いているという人も多いのではないでしょうか??

わたしがそうです。

普段はiDとかVISAタッチとかをよく使っていて、たまーにpaypayを使ったりもします。

すごく便利になりましたよね、支払いが楽!

しかし、全てのお店でスマホ決済が使えるわけではないので現金も必須です。

割合としてはスマホ決済の方が断然多いので、現金は予備として持って歩けるといいですよね。

あまり出番のないお財布….。

でも毎日持ち歩く….。

そりゃあ軽い方がいいに決まっていますよね!!!!

いいですか、無印良品のトラベルウォレットは40gですからね(`・∀・´)

ということで、、、、、

普段使いのお財布としてぴったりじゃないか(`・∀・´)(`・∀・´)(`・∀・´)

お財布の中身の環境保全に良い!(整理整頓)

“小さくて軽い”、そんなお財布だからこそ無意識に実現できてしまうことがあります。

それは、お財布の中身の整理整頓です!!

大きいお財布だとか、カードがたくさん入るお財布を使っている人、お財布の中身大丈夫ですか?

大きいお財布、カードがたくさん入るお財布は”たくさん入るから”こそお財布の中身が荒れます。

こうしたお財布は普段使わないポイントカードや、いつのものかわからないレシートが山のように入ってしまう原因となってしまいます。

そして、結果的にどこに何が入っているかわからない→使いにくいなんてことに( ˙-˙ )

 

しかしながら無印のトラベルウォレットなら無意識にお財布の中身をきれいに保つことができます。

それは、必要最低限しか入らないお財布がもたらしてくれた恩恵とでも言えましょう。

必要最低限しか入らないから必要なカードしか持ち歩かなくなるし、余計なレシートも入れなくなります。

結果、いつもお財布の中身はきれいで使いやすい状態を維持できるのです!

 

無印のトラベルウォレットすごい〜〜〜。


ここからはトラベラーさん、海外バックパッカーさん向け!

旅行時に持って歩く財布に求めるもの

わたしが旅行時に持って歩く財布に求めるものは以下の通りです。

  • 軽い
  • コンパクト
  • 使いやすい
  • 安い(高級なものはNG)

今回紹介する無印良品のポリエステルトラベル用ウォレットはこれら全てを満たしています。

旅行用財布は軽くてコンパクトなものを選ぶべし

特に海外旅行となると、常に貴重品を身につけて置かなければなりません。

旅行中は長時間外出することもありますよね。

それなのに財布が重かったら意外と疲れます。

財布くらいの重さ気にならないだろ!と思う方もいるかもしれませんが、結構変わるんですよ。これが。

さらに、でかい財布を持つとその財布を入れるためのカバンなんかもでかくなってしまいます。

わたし的には長財布は論外です。デカイ重い!!

素材に関しても、革でできたものなんかは結構重いのでオススメしません。

旅行用財布は使いやすいものを選ぶべし

旅行用に限らず普段使いの財布でも使いにくいものはちょっと無理ですよね。

海外旅行に至っては、ただでさえ慣れない現地のお金を扱う上に、

カードではなく現地通貨を現金で扱うことが多いはずなので、

できる限り使いやすい財布を選びたいところ!

旅行用財布は安いものを選ぶべし

まず、旅行中の財布は高価なものを使うべきではないと思います。

なぜなら、海外は日本と違ってかなり盗みが多いです。

(盗みが多いというか日本では財布を盗む盗まれるとかってあまりないので、日本人は警戒心があまりないのですよね。狙われやすいと思います。)

高価なブランドの財布を持ってれば、その財布自体にも価値があると思われる上に、この人は金持ちだ!と、目をつけられやすいのである意味では危険です。

で、旅行中は結構カバンの中とかごちゃごちゃになったり(わたしだけ?)ものの出し入れが激しいので財布も痛みやすいんですよね。(この無印のトラベルウォレットなら990円だしガシガシ使ってもよさそうですよね)

だから旅行用の財布は高級なものでないほうがいいです。

旅行時に持って歩く財布に求めるもの全てを満たしたお財布が無印良品のトラベルウォレット

いかがでしょう?普段よく旅行される人には納得してもらえるのではないでしょうか??

いろいろな側面から見てもおすすめできるお財布と言えます。

他にもいろいろなアウトドアブランドから同様にトラベルウォレットが販売されていますが、

比較してみても今のところ個人的には無印のものがおすすめです。

まとめ:無印良品のポリエステルトラベル用ウォレットは最強・オススメ

小さく(薄く)、軽く、安い!

お金の出し入れもしやすく、収納もよい。

かなりスタイリッシュです。

現時点で無印良品のポリエステルトラベル用ウォレットは最強のトラベルウォレットだと言えます。

また、普段使いのお財布としてもかなり有能なお財布だと言えるでしょう。

最近はクレジットカードやスマホ決済がほとんどで、財布に現金はほとんど入れていないどころか、財布を持ち歩かないことも多くあります。

ポイントカードに関しても、最近のポイントカードはスマホで完結のところも多いですよね。

現金やポイントカードをたくさん持ち歩かない人には普段使いとしてもオススメですよ!

無印良品ばんざーい(`・∀・´)

カラーを確認する