新生銀行インターナショナルキャッシュサービスが終わってしまう??!代替カードがあるよ!

みなさんこんにちは。

海外にいる人のなかで、新生銀行を使っている人は多いですよね??

新生銀行は旅行者にとって便利ですよね。私も利用しています。

しかしながら、3日前に新生銀行から重要なお知らせとしてメールが届きました。

内容としては、

2018年12月8日(土)をもちまして、新生銀行キャッシュカードによる「海外ATM引き出し」サービス(インターナショナルキャッシュサービス)を終了いたします。

*新生銀行公式HPより

とのことです。突然ですね〜〜〜。

私は現在オーストラリアにいます。ワーキングホリデーです。

私は最近まで大学生でして、その後旅に出ていたのでまだ日本で働いたことがありません。

そのため、クレジットカードのキャッシング機能を使うことができなかったので、

新生銀行のインターナショナルキャッシュサービス1枚のみを頼りにしてきました(1枚しか持たないのはハイリスクです、みなさんカードは複数枚持ちましょうね)。

そして本日新生銀行からのメールを確認しまして、少々驚いています。

新生銀行のインターナショナルキャッシュカードとは??

旅行者の中で新生銀行を利用している人は結構多いですよね。

なぜ、新生銀行を使うのか。

それは、新生銀行公式ホームページにもあるように以下の便利のような便利機能が付随しているからです。

・いつものキャッシュカードを使って海外ATMから現地通貨を引き出せます

海外ATMを使うのに専用の特別なカードなどは不要です。
新生銀行なら、いつも国内ATMで利用しているキャッシュカードで海外旅行や短期留学の際に現地通貨を引き出すことができます。

・使える海外ATMは世界200以上の国と地域で260万台以上

世界200以上の国と地域にある260万台以上の「VISA」または「PLUS」マークの表示がある海外のCD・ATMで現地通貨を引き出すことができます。

しかも、海外で利用するために専用カードを発行する必要はなく、今現在持っているカードで海外ATMでの出金ができるのです。

新生銀行の口座を開設し、海外ATMでカードを利用するにあたって、クレジットカードのように審査もいらないので手軽に口座開設ができ、海外ATMの利用ができました。

このサービスを使うために新生銀行の口座を開設した人も多いはずです。

しかし、このサービスも2018年12月8日(土)をもって、終了してしまうようです。

(為替手数料がそこそこ高いので新生銀行を使わない人もいると思いますが、とても手軽に使えたので私は新生銀行好きですよ。)

新生銀行のインターナショナルキャッシングサービスの詳細については以下の新生銀行公式ホームページをご覧ください。

参考 新生銀行のインターナショナルキャッシュカード新生銀行

もっと便利なカードがあるらしい

新生総合口座パワーフレックスのキャッシュカードによる「海外ATM引き出し」サービス(インターナショナルキャッシュサービス)は確かに終わってしまうようですが、これに変わって今までのインターナショナルキャッシュサービスよりもさらに便利な新しいサービスができるようです。

海外プリペイドカード GAICA(Flex機能付き)(以下GAICA)というプリペイドカードがそれにあたります。

GOICAは今までのインターナショナルキャッシュカードサービスの内容はそのまま利用できます。

今までのインターナショナルキャッシュカードは以下の内容でした。

  • 海外ATMでの現地通貨引き出し
  • 利用可能な通貨は日本円のみ
  • 利用限度額は円普通預金の預金額まで利用可能
  • 海外ATM手数料が無料
  • 為替手数料が4%

以上の内容にプラスして以下に記載するようなサービスが利用できるようになるようです。

  • VISA加盟店でカードショッピングができる
  • VISA加盟店でインターネットショッピングの決済ができる
  • 利用可能な通貨は、日本円にプラスして米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル
  • タッチ決済・ICチップに対応

以前と異なる点は、利用限度額が円普通預金の預金額まで利用可能からチャージ額の範囲内で利用可能(プリペードカードのため)になるというところくらいです。

プリペードカードではありますが、オートチャージ機能も搭載されているようで、チャージの手間もかからないとのことです。

現在新生銀行に口座を持っているならば、年会費・発行手数料無料でさらに審査不要でGAICAを作れるようです。

カードの発行自体も最短1週間とのことで、早いですね。

注意
今現在日本にいる人で、海外旅行を予定している人は現行のインターナショナルキャッシュサービス機能付きのキャッシュカードではなく、GAICAを作りましょう。

現在も現行のインターナショナルキャッシュサービス機能付きキャッシュカードの新規発行・再発行ができますが今こちらを申し込む意味はありません。

また、GAICAについては新生銀行公式ページがわかりやすく表にして解説してくれています。

参考 海外ATMのご利用(インターナショナルキャッシュサービス)に関するお知らせ新生銀行

問題点

”新生銀行のインターナショナルキャッシュカードは終了してしまうが、もっと便利なGAICAがあるよ”

ここまではいいと思うんです。ありがたいです。

新生銀行に出向くことなくインターネットから簡単に申し込みができる上、最短1週間でカードを届けてくれるようですし。

ここで、問題点があります。

そうです、私は今オーストラリアにいます。

2018年12月8日(土)までに日本に帰る予定がありません!

つまり2018年12月8日以降私はオーストラリアで新生銀行のインターナショナルキャッシュサービスが突然使えなくなるということです。

クレジットカードのキャッシング機能も使えない身としてはちょっと突然のことでいまどうすればいいかわかりません。

現在はオーストラリアで働いており、お給料も現地通貨でオーストラリアの銀行口座位に振り込まれているので、新生銀行のインターナショナルキャッシュカードが使えなくても生きてはいけます。

しかしながら私以外にも新生銀行のみしか使えない身で長期旅行に行っている人もいると思うんですよね。こういった人たちはどうすればいいのでしょうね。

私の場合はオーストラリアで収入があり、現地の銀行口座があるので現在はそちらを使っており、一応問題はないとは思うのですが。

現在長期旅行中、新生銀行インターナショナルキャッシュカードしかない人へ<対策>

もう長期旅行に出発してしまっている人はどうにもならないですね。

私のように新生銀行のインターナショナルキャッシュカードしか持ってないという人も少ないと思うのですが。

新しくお金を調達する方法を考えなくてはなりません。いくつか対策を考えてみました。

(少々無理のある対策です)

2018年12月8日までにお金を引き出す

2018年12月18日までにお金を引き出しましょう。

銀行口座の開設を開設する

お金を引き出した場合に大金を所持しているのはハイリスクですので、できれば現地の銀行口座を作りそこにお金を預けましょう。

現地で銀行口座を開設できた場合、新生銀行よりも為替手数料等がかからず節約も期待できます。

また、日本にいる家族から海外送金をしてもらえればお金を得ることができます。

デビットカードやオンラインバンキングサービスを作る

現地で銀行口座を開設したらデビットカードとオンラインバンキングを作りましょう(デビットカードやオンラインバンキングが使える銀行を選びましょう。また、出金手数料がかからないところを選びましょう。)

特に、日本のオンラインバンキング対応の銀行を利用している場合はトランスファーをうまく使えれば日本の口座からお金を移動させることができるかもしれません。

旅先で出会った日本人に助けてもらう

*こちらの方法はおすすめしない

もし日本のオンラインバンキングを持っている場合、旅先で出会った(オンラインバンキングを持っている)日本人にお願いして、お金の引き受けをお願いします。

こちらのオンラインバンキングから旅先で出会った日本人のオンラインバンキングに送金するということです。

そして、お金を引き出してもらうという方法です。

こちらの方法はよっぽどのことがなければお勧めしません。トラブルの元になるからです。

頼まれた方も困ります。

また、お金の受取人がそのまま逃げることも考えられなくもありません。

今後長期旅行に出かける方へ

やはり海外に行くときはお金を引き出す方法を複数準備しておかなきゃですね。

今回は新生銀行がインターナショナルキャッシュサービスの終了ということですが、

時には今あるカードの磁気不良が原因でお金が引き出せなくなるかもしれないし、カードがATMに吸い込まれるかもしれません。

旅行中にお金を得る方法がなくなってしまったら大変です。

必ずカード類は2枚以上準備しましょう。

特に旅行が長期になればなるほどハプニングに見舞われる機会も増えると思います。

できるだけ多くのカードがあった方がいいかもしれませんね。

海外でお金を引き出すのに便利なカードの種類

海外でお金を行き出すのに使えるカードの種類がいくつかあります。自分に合ったものを選びましょう。

新生銀行のGAICA

新生銀行のGOICAについては詳しく書いたのでこれにて。

海外対応プリペードカード

VISAなどの国際ブランドのついた海外対応プリペードカードなら、入金した分のお金を海外で出金することができます。

VISAやJCBのついたデビットカード

クレジットカードのキャッシングが使えないひとにお勧めします。審査なしまたは審査があってもゆるいので作りやすいです。デビットカードは口座に入っているお金分しか使うことができないので安心感はあります。

クレジットカードのキャッシング

学生や、仕事に就いていない人はクレジットカードのキャッシングが使えない可能性があります。

しかし、クレジットカードのキャッシング機能が使えるならばお得に海外出金ができます。


わたしも可能ならクレジットカードのキャッシング機能を利用したいです。

それぞれのカードは海外でお金を引き出すことは可能ですが、もっとも手数料等がかからずに出金できるからです。

また、以前は知識がなく新生銀行のキャッシュサービスしか知らなかったのですが、

海外で利用できるプリペードカードやデビットカードも存在します。

クレジットカードのキャッシングが使えない、どうしよう!って思っている人は、海外対応のプリペードカードやデビットカードを調べてみましょう。(カード複数枚持ちが大事です!)

おわりに

今回は新生銀行のインターナショナルキャッシュカードの終了に関して書いてみました。

結局はインターナショナルカードは終了するけどそれに変わるカードもあるよということなのでとりあえずは安心ですね。

ただ、インターナショナルキャッシュカードの終了について知らないとGAICAをつくるにも至らないと思うので、

とりあえずみなさん新生銀行のインターナショナルキャッシュカードは終了するよ〜というお知らせ?みたいな感じで記事にしてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください