オーストラリアワーキングホリデーにおいて本当に2nd VISAは必要なのか

みなさんオーストラリアのワーキングホリデーなら、2nd VISAをとれば2年オーストラリアにいられることはご存知ですよね?

しかしながら、2年オーストラリアにいるためには88日間の季節労働が必要になります。

現在私は2nd VISA取得のためにストロベリーファームで働いています。

しかし、働いている間にこんなことを考えるようになりました。

「本当に2年もオーストラリアにいる必要ある??」

そう、なんで2年もオーストラリアにいる必要があるんですかね??

まだオーストラリアに来てから1ヶ月と少ししか経っていないのですが、現在私が考えていることを書き連ねてみようと思います。

2nd VISA取得の条件について

まずはじめに、2nd VISAの取得条件についてです。

通常ワーキングホリデー提携国においては1年のみの滞在が許されています。

しかしながら、オーストラリアにおいては1年目に88日の季節労働をすることで、2nd VISAの取得資格が得られ、申請すれば2年目も滞在が許されます。

では、季節労働とはいったい何なんでしょう?

主にはファーム(農業)で働くことが季節労働に当たります。

もちろん他にも林業や水産業、鉱業などさまざまありますが、仕事取得の容易さから多くの人が2nd VISA取得のためにファームで働いています。

2nd VISAの詳細については以下のリンクが役立ちます。英語表記ですが公式ページなので情報は確かです。

参考 Second Year Visa - Applying for a Second Year Working Holiday VisaAustralian Visa Bureau

2nd VISAが必要ないのでは?と思う理由

  • 88日間は長い
  • ファームで働いても得られるものが少ない
  • ファームで働いてもあまり稼げない
  • 英語の勉強ならオーストラリアじゃなくてもできる
  • ファーム仕事が結構きつい
  • いろんな国に行った方が経験になるのでは?

88日間は長い

88日間というとそんなに長い期間に思わない人もいるかもしれませんが、私的には長いです。

88日間というとおおよそ3ヶ月になりますが、実際には3ヶ月では88日には達しません。

必ず仕事が休みの日があります。休みの日は88日にカウントされません。*ファームによる

また、1日の労働時間が短いと1日としてカウントされません。*ファームによる

ファームで働く場合(私の場合はいちごのピッキングですが)、作物は毎日実るわけではありません。

特にハイシーズンでない限りはピッキングするものがないという理由で仕事が休みになることもあります。

また、ファーム側の事情で仕事を辞めざるを得ないこともあるようですし、すんなり88日間カウントしてもらうことは難しいのです。

結局88日間カウントしてもらうのに4ヶ月かかった、5ヶ月かかったという人も少なくありません。

2nd VISAを取得するために4ヶ月も5ヶ月も時間をかけるのってどうなんでしょう?? 考えものですよね。

ファームで働いても得られるものが少ない

英語の勉強にはならない

よく、ファームでは多くの外国人が働いていて、たくさんコミュニケーションを取る機会がある(英語の勉強になる)みたいな話を聞きませんか?

私が思うに、そんな機会はありません。

朝の集合時間・休憩時間・仕事終了後くらいしかゆっくり人と話す機会はありません(私が働いているファームは休憩時間もありません)。

もちろん、仲良くなった人と仕事以外(仕事が休みの日など)に集まってご飯会を開くなどはありますがその時くらいしかゆっくり話す機会は得られません。

基本仕事中は個人作業です。いちごピッキングの場合、黙々といちごを収穫するのみです。

皆退屈なので、イヤホンをして音楽を聴きながらピッキングをしています。

ファームによっては音楽を聴きながらの作業を禁止しているところもあるので、そういったファームで働いている人は本当に退屈だと思います。

為にならない

また、ファームで働いて、ピッキングが早くできるようになったところでなんの得があるのでしょうか?

日本に帰ってファームの仕事に就くわけではないですよね?

何も得られるものがないというのは言い過ぎですが、この点に関しても考えものです。

ファームで働いてもあまり稼げない

よくファームで働いて月に50万稼いだとか聞きませんか??

でも実際本当にそれくらい稼いでいる人はごく僅かです。

よっぽど良いファームで働いているか、よっぽどスキルが高い人しかそのくらい稼ぐことはできません。

それなら良いファームで働けばいいじゃないか、と思う人もいるかもしれませんが、良いファームはごく僅かしか存在しません。

良いファームがあっても情報が出回っていないので良いファームで働くことは難しいです(良いファームは募集をかけるまでもなく定員が埋まっているので募集自体がネット上には存在しない)。

英語の勉強ならオーストラリアじゃなくてもできる

英語を話せるようになりたいという理由でオーストラリアにワーホリに来る人も多いと思います。

オーストラリアは確かに英語圏です。

しかし、オーストラリア以外にも英語圏の国ってありますよね?

有名どころでは、ニュージーランドやカナダ、イギリスなどです。

苦労して(黙々と無言で働いて)4・5ヶ月かけてファームで働いて2nd VISAを取得するくらいなら、好きな仕事を選んで1年間オーストラリアで働いて、そのあと他の英語圏の国にワーキングホリデーに行けばいいと思いませんか?

ファーム仕事が結構きつい

ファームの仕事は結構きついです。

長時間働かなくてはならないし、なかなかの力仕事です。

仕事が終わり、家に帰ると疲れ果てているのでシャワーを浴び、ご飯を食べて寝るのみです。

仕事の翌日は(仕事がある場合)朝早くに起きなければなりません。

毎日、[早起き→朝ご飯→仕事→︎シャワー→︎夜ご飯→︎寝る]だけの繰り返しです。

正直つまらない毎日だと思います。

もちろん元気な人は仕事の後も遊び歩いていますが、私は疲れ果ててしまい、遊びに出歩く元気はないです。笑

いろんな国に行った方が経験になるのでは?

2年間オーストラリアにいるよりだったら、1年オーストラリア・1年他の国に行った方がいろんな経験ができるのでは?と思います。

もちろん2年間オーストラリアにいてオーストラリアを極めるのもとても良いことだと思います。

ここら辺は個人の自由ですが、現時点でわたしはオーストラリアにそんなに魅力を感じていません。

オーストラリアは1年で十分かな、と思っています。


今回は2nd VISAが本当に必要なのかについて私の考えを書き連ねてみました。

単にファームジョブが好きだからファームで働いている人もいると思います。

そういう人は何も考えなくても2nd VISA取得条件を満たすことができるのでいいと思います。

しかし、2nd VISA取得のために無理してファームなどで働いている人はいませんか??

そういう人は無理してファームなどで働かなくてもいいと思います。

オーストラリア以外にも私たち日本人はワーキングホリーでの提携国がたくさんあります。

1年オーストラリアで好きな仕事をして、その後他の国に行くことを考えに入れてみてもいいのではないでしょうか??